美肌作りに適した美容皮膚科|美容目的の施術を中心として行っている

サイトメニュー

具体的にどんな病院

顔に触れる女性

どんな病院でどんな雰囲気

まず、そもそも美容皮膚科というのはどういう病院なのでしょうか。これは一般的な皮膚科と違い、比較的美容目的の施術を中心として行っている病院です。一般皮膚科が皮膚の諸症状や病気を改善するのに対して、美容皮膚科は美容に関する治療を中心に行います。具体的にはしわやシミ、イボなどの保険が適用されない、でも美容の観点からすれば無い方がいいものを取るための治療をしたり、肌のハリや皮膚の美しさをよりよくするための治療を行ったりしています。このため、体の外からの治療だけではなく、内側からの治療を行う場合もあります。例えばシミ取りの治療であれば外からのレーザー処置なども行う一方で、内側からの治療としてビタミンなどを処方することもあるのです。このため、外科的にも内科的にも処置を行うことがあります。また、美容注射や美容点滴などを行うところもあり、この場合は美容目的以外として「健康回復注射」や「ビタミン注射」なども準備しているところが少なくありません。また、だいたいの病院では脱毛も行っています。これは医療脱毛と呼ばれるもので、美容皮膚科ならではの強いレーザーを使った脱毛機器を使うのです。このため比較的早く効果が出るのですが、その一方で全体的に費用が高い傾向があるとされています。ちなみに、美容皮膚科のみを行っている病院もありますし、美容外科や整形外科と一緒に行っているクリニックもあります。この場合は基本的にそれぞれの科目を超えて治療ができるようです。一度にまとめて治療を行うこともできるでしょう。この美容皮膚科の場合、基本的に一般皮膚科との違いがあります。まず、基本的に美容目的の治療を中心に行う傾向があるのです。基本的に美容目的なので、見た目をとても重視します。実は一般皮膚科の場合は一定の範囲のみを保険適用で治療できるのですが、それ以上のことはできないことが多いのです。例えばニキビの治療であればできてしまったニキビそのものの治療は一般皮膚科でもできますが、ニキビ跡についてのレーザー治療は専門の機器がある美容皮膚科のみとなっています。この範囲の違いは、保険適用かどうか、ということが大きいでしょう。一般皮膚科の場合は保険適用の範囲を行うことが多く、保険適用外の治療については比較的積極的ではありません。ですが、美容皮膚科の場合は保険適用されないような治療も積極的に行います。このため、治療費が高額になる傾向はありますが、やはり満足できる治療をしたいのであれば美容皮膚科の方がよいでしょう。肌をよりきれいにしたい人向けの治療を行っているので、希望する治療内容によって行く病院を変えるのも方法でしょう。また、雰囲気もかなり違います。一般皮膚科の場合はごく普通のクリニックという感じで、あまりおしゃれさや洗練された感じはありません。印象は比較的シンプルで病院らしさが強く、だれでも行きやすいでしょう。一方、美容皮膚科の場合は比較的きれいなところが多いでしょう。美容サロンやエステサロンのような独特の雰囲気を感じられるようなところが多く、待合室なども比較的きれいでサービスがよく、高級感があったり雰囲気がゴージャスだったりするサロンが少なくありません。

治療で知る点

男性

美容皮膚科はできることが多く、効果も様々なのでエステサロンよりもお金をかけることが多いジャンルです。とはいえ、トラブルも少なくありません。費用面に関すること、効果に関することなどトラブルになった人もいるようです。

詳しく見る

人気の理由は

鏡を見る女性

美容皮膚科の場合、効果が出やすく病院に行くのが楽しいため、通う人が少なくありません。また、肌トラブルを改善したいという人ばかりではなく、特定の問題を改善したかったり、美肌を維持したい人のための病院でもあります。

詳しく見る

美容治療の内容と流れ

顔に触れる女性

美容皮膚科の場合、治療方法も多岐にわたります。レーザーやピーリングなどもあり、できることも豊富です。初診の時の流れとしては、基本的に予約を取ってから病院で診察を受け、問診や検査を行ってから治療を行います。

詳しく見る

Copyright© 2019 美肌作りに適した美容皮膚科|美容目的の施術を中心として行っている All Rights Reserved.