美肌作りに適した美容皮膚科|美容目的の施術を中心として行っている

サイトメニュー

美容治療の内容と流れ

顔に触れる女性

美容治療の内容とは

美容治療を行う場合、いくつかの方法があります。基本的にメスを使ったり、骨格を変えたりすることはなく、そちらは美容外科の範囲になるでしょう。美容皮膚科の場合は、主に皮膚トラブルや皮膚の老化・劣化を改善することが主流です。まず、いろんな人が行っている治療としては、脱毛があります。これはレーザーにより毛根を焼いて毛が生えてこなくするというもので、エステサロンの脱毛より効果が出やすいのが特徴的でしょう。その代わり、エステで行う脱毛よりは少々お値段が高額になる傾向があります。シミや肌質が悪くなったことを改善したいのなら、レーザー治療というのもあります。これは肌のくすみやざらつき、黒ずみやしわなどを改善するもので、基本的に肌の調子を改善することができます。レーザーによって肌へ微細な傷をつけ、それを肌の自己治癒力によって治療させるため、肌が新しくきれいなものになるとされているようです。ただ、レーザーは種類が多いため、効果もそれぞれ違いがあります。もしざらつきや細かいニキビなどが悩みなのならば、ケミカルピーリングも方法ですね。ケミカルピーリングは肌の角質層を特殊な薬剤をぬってはがれやすくし、肌のターンオーバーを促進する治療法です。シミやそばかす、くすみやニキビ、ニキビ跡などに効果があるとされており、比較的費用も安いため行っている人も少なくありません。最後に、美容皮膚科ではワキガ治療や若返り治療、多汗症の治療やタトゥー除去などの治療を行っているところもあります。同時に美容注射や薬の処方も行っている病院は少なくありません。美容皮膚科の場合、整形外科とも美容外科とも治療の流れは違います。まず、病院で予約を取ります。基本的に美容皮膚科の場合は予約制のところがほとんどなので、予約を必ず、そして確実にとりましょう。予約は公式サイトの電話予約が主流ですが、全国的に展開している病院になると、ネット予約ができる美容皮膚科もあります。次に、予約した時間に病院に向かってください。その時に保険証を出したり、問診票に記入したりします。また、中にはこの時点で軽くどういうことをするのか聞かれる場合もあるでしょう。そのあと、診察やカウンセリングになります。診察については基本的に医師が行い、カウンセリングは医師だけではなくその病院の看護師などが行う場合もあるようです。また、ここで治療内容を確認したり、これまでの治療履歴を聞かれたりします。この後、検査を行う場合もあります。血液検査や尿検査などをする場合もあれば、アレルギーやパッチテストなどを行う場合もあるでしょう。これは治療内容によって検査の内容も違います。また、そのあとに改めてカウンセリングを行ったり、治療できるかどうかの判断を行ったりするところもあります。どちらにせよ、すぐに治療をできるとは限りません。中にはこのカウンセリングによって自分が希望する施術が受けられなかったり、施術を受けることが難しかったりする場合も出てくるでしょう。ただ、中にはすぐに治療を受けられる場合もあります。診察や検査によって問題がないと判断されれば、その日のうちに治療を行うこともできるでしょう。また、家で継続的に治療を行う場合は処方薬や化粧品などを渡されます。この後、継続的に治療を行いながら、美容皮膚科での診察を受けるのです。

Copyright© 2019 美肌作りに適した美容皮膚科|美容目的の施術を中心として行っている All Rights Reserved.